スキンケア

スキンケアにおいて重要になってくるのが、自分の肌質を的確に理解するのが、肌をケアするために重要だと言えます。どんなに優れた効果を持つスキンケア製品でも、肌質に合わない製品を使い続けていると、肌トラブルを招いてしまうので注意が必要です。

肌質は大きく分けると、乾燥肌・脂性肌・混合肌・普通肌の4種類が存在します。ただ、自分の肌質を理解しているつもりでも、何かの刺激に弱い敏感肌を複合している可能性もあるので、注意が必要です。

まず、ニキビや吹き出物などの肌トラブルをよく招く肌質の特徴として、脂性肌や混合肌が考えられます。皮脂が原因で肌に雑菌が繁殖してしまい、ニキビや吹き出物が出てしまうのが原因だと言えます。勘違いしがちなのが、皮脂が多いから自分の肌質が脂肌だと思い込んで、脂分をよく落とす洗顔料を使用した結果、肌の水分まで落としてしまう場合があります。
脂肌にも、油分は多いけど水分の少ない混合肌と油分も水分の分泌も多い脂性肌があるので、適切に見極めるのが重要です。

乾燥肌の方は、皮脂や水分の分泌が少ない傾向にあるので、くれぐれも洗顔のし過ぎなどで肌環境を悪化させないように注意が必要です。肌質のバランスがいい普通肌の方でも、添加物や化合物を使用しているスキンケアグッズが肌に合わず、肌トラブルを招いている可能性もあるので、自分の肌環境に適した製品を選ぶのが重要です。